プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

TSTジャパンは、、当社が取り扱う全ての個人情報の保護について、社会的使命を十分に認識し、個人の権利の保護、個人情報に関する法規制等を遵守します。そのために、個人情報に関するコンプライアンス・プログラムを策定し、実施しております。 なお、個人情報の取り扱いについては、以下に定める原則に基づいて行いますが、法令に基づく場合や生命や財産を脅かすような緊急時などの例外時効の適用については個人情報保護管理者の責任のもとでおこないます。

(1)個人情報保護管理体制について

1.TSTジャパン・代表取締役を個人情報管理者に任命します。
2.当社内に個人情報管理者を配置して、個人情報保護を実践します。
3.当社内に個人情報に関する教育責任者と問い合わせ対応責任者を任命し、社員の教員・訓練と契約者の方々などからの問い合わせ対応を行います。
4.当社内で、事故及び法令違反となる行為を発見した場合は、個人情報保護管理者に速やかに報告させます。
5.適切な個人情報の保護を維持するために、定期的に内部点検を実施しコンプライアンス・プログラムを見直します。

(2)個人情報の利用目的と収集について

1.利用目的と収集
◎契約の締結および維持管理や、よりよい商品・サービスを提供するなどのため、契約者に関する情報を収集させていただきます。これらの個人情報は、当社の事業などの健全な運営や商品・サービスの紹介などのために利用することがあります。
2.利用目的の変更
◎公表している利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱う場合には、その超える範囲についてあらかじめご本人から同意を得ます。
3.利用目的の明示
◎書面またはインターネット等の情報ネットワークで直接個人情報を取得する場合は、あらかじめ、その利用目的を明示します。
4.公開されている個人情報を間接的に取得する場合
◎公開されている個人情報を間接的に取得する場合は、TSTジャパンとして、あらかじめ、その利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を本人に通知し、また公表します。

(3)個人情報の保管・利用について

1.個人情報の安全管理については、TSTジャパンが別に定める 「TSTジャパンの個人情報保護規定」 に基づき、個人データのリスクに応じて必要かつ適切な処置を講じます。
2.社員に個人データを取り扱わせるにあたっては、個人データの安全管理が図れるよう、社員に対する必要かつ適切な処置を講じます。
3.個人データについて他の事業者に委託する場合には、その取り扱いを委託した個人データの安全管理が図れるよう、TSTジャパンとして委託する者に対する必要かつ適切な監督を行います。さらに、再委託される場合も含めて実効的な監督体制を確保します。また、TSTジャパンが個人データにかかわる業務の委託を受ける際には、委託契約の範囲内にて利用 (処理) します。
4.以下の場合を除き、第三者への個人情報の提供を行いません。
◎法令などによる場合
◎本人の承諾をいただいた場合

(4)保有個人データに関する開示・改訂・利用停止等の求めへの対応について

他の法令に違反するなどの法に基づく場合を除き、本人の申し出に基づき自らの保有データに関する開示、訂正等、削除などのご請求があった場合は、請求者が本人であることをご確認させていただいた上で対応します。

(5)保有個人データに関する開示・改訂・利用停止等の請求手続きについて

個人情報の取り扱いに関するお問い合わせなどにつきましては適切迅速な対応に努めます。

Copyright(c) 2010 TST-JAPAN All Rights Reserved.